スポンサード リンクスポンサード リンク

幹線計算フリーソフト情報②

■幹線計算プログラム(エクセル)■(http://denkou.eek.jp/soft/index.html#幹線p)

この幹線計算フリーソフト・ダウンロードサイトの特徴:
「幹線計算プログラム」は、複雑な幹線計算をエクセルで行うフリーソフトです。
電気の基礎知識とエクセルに知識があれば誰でも扱えます。
100V、200V、415V、240V、173V、360Vの電圧、600V耐熱性ポリエチレン絶縁電線、600V耐熱性架橋ポリエチレン絶縁電線などに対応しており、2点間の幹線の電圧降下と許容電流が自動的に計算されます。


■VD4高低圧回路解析■(http://www.onyx.dti.ne.jp/~eses/page058.html)

この幹線計算フリーソフト・ダウンロードサイトの特徴:
「VC4高低圧回路解析」は、1台の変圧器を用いた幹線・分岐幹線の計算を行うためのエクセルワークシートです。
11系統・15系統・30系統・45系統・60系統・75系統・36系統のものがあり、すべて無料でダウンロードできます。
計算シートにはデータシートと請求書が付属しています。


■Ωシリーズ幹線計算■(http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se121237.html)

この幹線計算フリーソフト(試用版)・ダウンロードサイトの特徴:
「Ωシリーズ幹線計算」は、株式会社シスプロが開発した幹線計算用ソフトウェアです。
電圧・電気公式・こう長などのデータを入力すると電圧降下の計算が行われ、計算結果は幹線計算書としてA4サイズでプリントアウトできます。
無料の試用版はライセンス登録ダイアログが表示されるようになっています。


■ケーブルセレクタ■(http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se389815.html)

この幹線計算フリーソフト(使用期限付き)・ダウンロードサイトの特徴:
「ケーブルセレクタ」は、株式会社矢崎総業が開発した、幹線分岐つきケーブルなどの電圧降下を計算するためのソフトウェアです。
Windows95以上で動作し、電圧降下の計算が電卓感覚で手軽に行えるのが特長です。
計算結果は許容電圧降下表が添付された報告書の形式でプリントアウト可能で、そのまま提出できます。
14日間の無料試用期間があります。
スポンサード リンク